ホーム » パソコン » Rustock の遮断により世界のスパム量が3分の2に減少

Rustock の遮断により世界のスパム量が3分の2に減少


--- 広告 ---
--- 広告 ---

japan.internet.com 4月1日(金) の記事から

シマンテックは2011年3月31日、「メッセージラボ インテリジェンス2011年3月度レポート」を発表した。

分析の結果、「Rustock」は、3月に入って遮断されるまで、1日あたり138億2,000万通のスパム メールを送信し続けていたことが分かった。これは、同月にすべてのボットネットから送信されたスパムの28.5%に相当するものだ。

Rustock が使用していた指令管制ホストに対して、法的措置が取られたことにより、3月15日から17日にかけて、世界のスパム量が33.6%減少したことを確認している。

一方、Rustock の遮断という市場の隙間を狙って、他のボットネットが活動を活発化させており、現在では、Rustock に代わり、Bagle が本年もっともアクティブなスパム送信ボットネットとなっている。

2010年末以降、活動を活発化させた Bagle は、1日あたり約83億1,000万通のスパム メールを送信していたことが分かっている。Bagle は、支配下にあるボットの数やトラフィック急増の規模と影響力では Rustock におよばないものの、アウトプットは安定してきている。

Symantec.cloud の Message Labs Inteligence シニア アナリスト、Paul Wood 氏は次のように述べている。

「近年最も技術的に洗練されたボットネットの一つが協調努力により遮断されたが、Rustock の背後にいる犯罪組織が、ここから回復できるかどうかは、現時点ではまだ分からない。Rustock は、2006年1月より、ボットネットとマルウェアをめぐる状況において重要な位置を占めており、その期間は、同時期に活動していた他のボットネットとくらべて、はるかに長くなっている」

最近、サーバ攻撃が穏やかになっているんですけど、これが理由なのかなぁ?

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ