ホーム » パソコン » qmail の送信リトライ間隔

qmail の送信リトライ間隔


--- 広告 ---
--- 広告 ---

qmail で再送する時のリトライ間隔は
1st 7分
2nd 20分
3rd 33分
4th 47分
sendmail と qmail の配送再試行間隔についてのディスカッションに詳細に書かれています。感謝、感謝です。

遅延メッセージはどれぐらいの頻度で再送されるのか?も大変参考になりました。 m(__)m

メッセージの再送はそれぞれ1通ごとにスケジュールされる。メッセージが配送できないまま長く残っているほど、qmail の再送頻度は小さくなっていく。再送スケジュールは設定で変更できない。下表に配送できないメッセージをバウンスするまでに再送試行するスケジュールを示す。ローカル宛メッセージは似ているがもっと頻度が高くスケジュールされる。
[訳注] 以下の表は最初の配送試行をした時刻からの経過秒である。前回試行時からの再送間隔ではない。再送間隔は400秒、1200秒、2000秒…と、800秒ずつ長くなっていく。また、ローカル宛の再送は100秒、400秒、900秒…(間隔は100秒、300秒、500秒…)となる。これは設定では変更できず、qmail-send.c の chanskip[] を修正してコンパイルしなおす必要がある。
配送試行 日-時:分:秒
1 0 0-00:00:00
2 400 0-00:06:40
3 1600 0-00:26:40
4 3600 0-01:00:00
5 6400 0-01:46:40
6 10000 0-02:46:40
7 14400 0-04:00:00
8 19600 0-05:26:40

そろそろ qmail から postfix へ移行する時が来ているような....。
qmailからpostfixに移行するときvpopmailをどうするかというありがたいページを見つけたので、いろいろ試しながら新しい環境を構築するかなぁ。 という心境です。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ