ホーム » パソコン » IPv4アドレス枯渇 その意味と恐らくこれから起きること

IPv4アドレス枯渇 その意味と恐らくこれから起きること


--- 広告 ---
--- 広告 ---

IPv4アドレス枯渇 その意味と恐らくこれから起きること:Geekなぺーじ

今のインターネットはIPバージョン4(IPv4)で動作していますが、そのIPv4で各機器を
識別するためのIPv4アドレスがついに事実上枯渇しました
(参考:http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2011/20110201-01.html)。
長年「枯渇する」と言われ続けていましたが、それが遂に現実の物となりました。
ここでは、IPv4アドレス枯渇とは何かと、それによって何が起きるのかを紹介します。

 IPv4アドレス枯渇に関して、アナログ放送の停波と地デジへの移行や、原油枯渇と
似たようなものであるような認識が多く見られますが、個人的にはIPv4アドレス枯渇後の
IPv4アドレスのアナロジー(類比)としては相撲の親方株の方が近い気がしています。

 というのも、まず、アナログ放送の停波と地デジへの移行ですが、アナログ放送は
2011年7月に一斉に停止します。しかし、IPv4アドレスの場合は、ある日突然IPv4が
使えなくなるわけではなく、今まで使っているIPv4アドレスはそのまま使い続けられる
という意味でアナロジーとしてアナログ放送の停波とは大きく異なります。

原油枯渇とIPv4アドレス枯渇もアナロジーとして適切ではないと個人的に感じています。
石油は使うとなくなってしまいますが、IPv4アドレスは使い続けるものであり、
利用することによって「消費」されるものではありません。
■最後に

 IPv4アドレスが枯渇が現実のものとなりましたが、今後何が起きるのかに関しては、
誰もはっきりとしたことはわかりません。今まである程度自由に拡大し続けることが出来た
インターネットですが、今後も拡大を続けるためには様々な工夫が必要とされると同時に、
その他の要素による影響を受けながら「新しいインターネット」がこれから構築されて
いくものと思われます。
--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ