ホーム » パソコン » iPhone、iPadに充電するのにばっちりエネロープ

iPhone、iPadに充電するのにばっちりエネロープ


--- 広告 ---
--- 広告 ---

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS

新品価格
¥5,980から
(2010/10/8 02:06時点)

エネロープ eneloop mobile booster(KBC-L2BS)は出力を1AにアップしてiPadに対応した。
USB端子は2口あり、1口のみ使った場合は、500mAで充電できる機器なら約4時間、1AのiPadなら約2時間の連続給電が可能。
2口同時に使うと、500mAで充電できる機器にそれぞれ約2時間ずつ連続給電できる。500mA機器か1A機器かを判別する機能が備わっているいるため、500mA機器に1Aの過電流を送り壊してしまう心配はなはい。

なお、出力のリミッターが備わっており、2口につないだ機器が合計で1A以上の出力を要求した場合、自動的に充電をストップする。このため、例えばiPadとiPhoneを同時につないだ充電はできない。
バッテリー容量は非公表だが、現行のKBC-L2ASと変わらないとし、iPhone4なら2回フル充電することが可能という。1回のフル充電には約2.5〜3時間かかる。本体を充電させるのにかかる時間は、付属のACアダプターで約7時間、USB経由では約14時間。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ