ホーム » パソコン » 空メールの仕組みを自サーバに導入

空メールの仕組みを自サーバに導入


--- 広告 ---
--- 広告 ---

自サーバのステップメール配信システムにネット商人Proを導入しています。空メールからダブルオプトインで登録出来るようにする必要があり、空メールのプログラムを作成していました。

ネット商人Proの有料オプションに空メール登録があり、3000円+年額6,300円で購入出来ますが、あらかんおやじのお客様が「登録者のメールアドレスが知らないサーバを経由するのはダメ」という事で自サーバで空メールの処理を行う事になりました。

登録用メールアドレスに空メールが配信されたら、空メールから送信者のメールアドレスを取得しダブルオプトイン用のURLを書いたメールを送信者に返信します。登録者は返信されたメールのダブルオプトイン用URLをクリックして必要事項を入力し本登録する流れになりました。

現在はあらかんおやじのサーバでネット商人Proを使わせていただいておりますが、検証が終わったらお客様のサーバにも導入する予定です(現在お客様の会社はPHPLISTというオープンソースのソフトを使用中)。ネット商人Proはまだまだ検証に時間がかかるかも知れないほど高機能、多機能ですが、ユーザーインターフェイスも解りやすくとても良いソフトウェアです。

本格的なダイレクトレスポンスマーケティングを考えているなら、特定電子メール法改訂の件もあり自社サーバ+ネット商人Proの組み合わせはメール布達率が少なく、コストパフォーマンスがいい組み合わせです。

自社サーバを使っていらっしゃるのなら、メールの到達率を確実にしたいのならメール配信システムはaspまかせにはできないと思いますヨ。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ