ホーム » Linux » QuickTime Streaming Server

QuickTime Streaming Server


--- 広告 ---
--- 広告 ---

QuickTime Streaming Server アップルが提供しているオープンソース Darwin Streaming Server

Appleのページによれば

QuickTime Streaming Serverの世界へようこそ。標準ベースのストリーミングメディアサーバが、業界標準を完全にサポートしながら、おどろきの使いやすさを実現します。

製 品情報、娯楽番組、企業メッセージ、オンライン教材 — Webサイトで配信するコンテンツが何であれ、映像と音声でストリーム配信することで、コンテンツをいっそう際立たせることができます。 QuickTime Streaming ServerとMac OS X Server v10.4 "Tiger"を組み合わせれば、そうしたストリーム配信は簡単・パワフル・柔軟に実施できます。しかも、配信に伴ってライセンス料などが発生することは 一切ありません。

オープンソースに由来する標準ベースのRTP/RTSP(Real-Time Transport Protocol, Real-Time Streaming Protocol)エンジンを備えるQuickTime Streaming Serverでは、ライブコンテンツや、録画・録音しておいたコンテンツをインターネットを通じてリアルタイムで配信できます。どちらのタイプの配信で も、視聴者がコンテンツへのリンクをクリックすれば、配信・再生はすぐに始まります。

業界標準をサポート
デジタルメディアの作成・再生とインターネット配信をすべてカバーする珠玉のテクノロジーであるQuickTimeは、H.264、MPEG-4や3GPPといった世界標準の最新マルチメディア規格に完全対応しています。

同様に、QuickTime Streaming ServerもMPEG-4および3GPP形式ファイルの配信を標準サポートしているので、これらのコンテンツは標準規格に準拠するプレーヤーならば、 Mac, Windows, Linuxといったプラットフォームに関係なく再生できます。

QuickTime Streaming Serverでは、標準的なMP3ファイルをアイスキャスト(Icecast)互換プロトコルを使って、HTTP経由で任意のMP3プレーヤーに配信することも可能

すなわち、QuickTime Streaming Serverなら、幅広い視聴者をターゲットにできるというわけです。

ここのページで詳細に解説してくださっています。感謝。

こちらのページでは簡潔にインストールの仕方などがかかれています。そのページの外部へ公開するという項目に気になる一言が....。

引用
ファイアウォール、ルーター等で、rtsp用のポート554番を空けることを忘れずに。

企業によっては、554番へのアクセスを許可していない場合もあるので、対策としてはhttp用の80番を使って公開する。ただしhttp用のポート80番を使う場合は、Apacheを同時に使うことはできなくなる。よって、別マシンを用意する必要があるのだ。
引用ここまで

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ