ホーム » Linux » iPadからPCをリモート操作

iPadからPCをリモート操作


--- 広告 ---
--- 広告 ---

ITmedia プロモバの記事から

出先のiPadから会社のPCをリモート操作 RSUPPORTの「RemoteView 5 for iPad」

これってすごいと思う。

今までは、グループウェアにPDFを置いてiPadからサファリでアクセスしようと思っていた。

それとも

iPadアプリのOffice 2HDを使ってGoogleドキュメントのファイルを編集、表示してみようかなぁ。

とも考えていたけど

グループウェアやOffice 2HDとは別の切り口で利用できる場面がでてきそう。

RemoteView 5 for iPadのプレリリース詳細によるとiPadとWindows、Macをブリッジできるそうです。Linuxも2010年9月末に公開するバージョンで対応予定とのこと。

RemoteView 5 for iPad」の主な特長:

1. iPadで3G又はWi-Fiを利用してパソコンやサーバーに接続し、画面共有及びリモートコントロールが可能

2. iPad向けの本アプリケーションは3回の画面タッチだけでリモートPCと接続可能

3. リモートPCの操作も変化する画面の差分とパケットサイズの最適化、独自の圧縮アルゴリズム技術による「リアルタイム操作」を実現

4. マニュアルを読まなくても直感的で楽しく操作ができる高度なユーザビリティを提供

5. 本RemoteView 5のサーバーを導入する管理者には、別途管理者メニューを提供して対象パソコンやユーザごとに権限とセキュリティポリシーが設定できる機能を提供

6. インテル(R) vPro(TM)テクノロジーが搭載されたパソコンなら異なるネットワークからローカルパソコンの電源を操作することができ、大手企業の省電力ツールとしても活用可能

すごいなぁ.....。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ