ホーム » Linux » Google Apps for Business

Google Apps for Business


--- 広告 ---
--- 広告 ---

クラウド。
linuxサーバを管理している私としては、クラウドに関しても経験する必要があるので、試しにGoogle Apps for Business を1年間・3ユーザ(合計 1,8000円/年)で試してみる事にしました。

Google Apps for Businessの契約をするとビジネス向け Gmail(25GB)、Googleカレンダー、Googleドキュメント、Googleグループ、GoogleサイトそしてGoogleビデオが使えるようになる。

Google Appsを導入するメリット、デメリットについて検証しながら考えていきます。

独自ドメインでGoogle Apps を運用する場合、はじめにDNSの設定をする必要があります。

DNSの設定。

        IN  MX 10   ASPMX.L.GOOGLE.COM.
        IN  MX 20   ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
        IN  MX 20   ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
        IN  MX 30   ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM.
        IN  MX 30   ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM.
        IN  MX 30   ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM.
        IN  MX 30   ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM.

@       IN      A       123.456.789.999
srv     IN      A       123.456.789.999
www     IN      A       123.456.789.999
ftp     IN      A       123.456.789.999
gmail   IN      CNAME   ghs.google.com.
google  IN      CNAME   ghs.google.com.
site    IN      CNAME   ghs.google.com.
docs    IN      CNAME   ghs.google.com.
cal     IN      CNAME   ghs.google.com.
googleffffffffABCDEFGXXX IN CNAME google.com.

メールサーバをGmailに移行する最大のメリットは、スパム対策ではないでしょうか?
独自サーバだと空メールでユーザの登録や解除する仕組みを簡単に作れますが、Google Appsの場合はどうなんでしょうか?
メールログを管理したい場合はApps Cool For Google Appsなどの商品を購入する必要がありそうです。

Apps Cool For Google AppsTM プライス

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ