ホーム » Linux » 携帯の着メロ作成

携帯の着メロ作成


--- 広告 ---
--- 広告 ---

サーバの状態が異常になると、携帯にアラートメールを送信するようにしています。

夜中に何度もアラートメールの着信音で起こされると、着メロを自分の好みのものに変えて気持ちをリフレッシュしています。

今回は着メロの作り方をザクッとメモ。

WindowsにCraving Explorer というソフトをインストール。
Craving Explorer は、YouTube、ニコニコ動画などの動画をダウンロードし、AVI / MPEG / MP4(iPod) / FLV / WAV / MP3 の形式に変換、保存することができる動画専用ブラウザでフリー、無料です。
YouTubeなどから欲しい音源をwave形式でダウンロードします。

フリーのAudacityというソフト(Linux、Windows、Mac版があります。)インストールしてwave音源から着メロに使いたい部分(10秒ほどの長さ)をカットして、wave形式で保存します。

windowsに WSC-MA2-SMAF-210-Jというフリーソフトを起動して、カッとしたWaveファイルをドロップすれば着メロ(mmf)ファイルの出来上がりです。

出来上がったmmfファイルを携帯にメールして、着メロの出来上がり。

今回はkaraのLupinとJumpingから擬着メロを作成。 (^^)v

iPhoneアプリもこのくらい簡単に作れるようになりたいなー。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ