ホーム » Linux » 手軽にLinuxサーバをつくるための5つのソフトウェア

手軽にLinuxサーバをつくるための5つのソフトウェア


--- 広告 ---
--- 広告 ---

エンタープライズ マイコミジャーナルの記事からです。

# Kickstart - Red Hatが開発したOS自動インストールのための機能。Red Hat Linuxインストール時に設定する内容をあらかじめ設定ファイルとして書き出しておき、自動的にインストールを完了できるようにする。Red Hat Linux、Fedora、CentOSなどが対応。

# FAI (Fully Automatic Installation) - OSのインストールとアップデート、デプロイと管理、災害時復旧機能、ソフトウェアRAID、LVM管理、XENドメインインストール、仮想環境管理、遠隔操作などを提供する。Debian、Ubuntu、SuSe、RHEL、CentOS、Fedora、Mandriva、Solarisなどに対応。

# Cobbler - DHCP、TFTP、DNSなどを含むサービスを集約管理する機能を提供する。仮想環境での利用やPXE、再インストールなどを実施するための機能も提供。主にRed Hat Linuxでの利用を想定。

# Spacewalk - システムモニタリング、ソフトウェアのインストールとアップデート、KickStartの活用、設定ファイルの編集、仮想ゲストの制御などの機能を提供する。主にRed Hat Linuxを対象としているが、FedoraやCentOSにも対応。

# OpenQRM - 次世代データセンター管理プラットフォーム。デプロイ、モニタリング、高稼働率を実現するサーバを自動的に、素早く実現するためにプラガブルなアーキテクチャのもとで開発されている。Debian、Ubuntu、CentOS、openSUSEなどに対応。

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ