ホーム » Linux » 夜中の作業はおてのものです

夜中の作業はおてのものです


--- 広告 ---
--- 広告 ---

22日(月)は全国的に休日という事で、お客様のサーバに営業支援のプログラムを遠隔インストールです。何故今の時間にインストールするかというと、動作検証を23日朝までしておきたいからです。

今回のお客様はwebサーバとmailサーバを別にしているんですが、webサーバのOSが古いので恐る恐るmailサーバにweb系の営業支援プログラムをインストールしました。

mailサーバが止まると、何百万円もする商談がダメになる事もあるので恐る恐るなのです。

何かトラブルがあった時に出来るだけ速くリカバリー出来るようにバックアップを取り直し、新たにインストールするプログラムの動作環境(OSのバージョンなど)を確認して、気合を入れてインストールです。

後はアクセスが集中する23日朝にどうなるか.....。

2年くらい前の連休はDDoS攻撃が激しく、夜中にhobbitからのアラートで起こされる事がよくありましたが、最近はすっかりおとなしくなり夜中に起こされる事が減りました。

Linuxサーバの管理者は、夜中が本業というおはなしでした。

今日のお勉強

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache2_01/apache01c.html

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ