ホーム » Linux » サーバーの障害対策、サービスに影響させず自動切り替え

サーバーの障害対策、サービスに影響させず自動切り替え


--- 広告 ---
--- 広告 ---

サーバーの障害対策、サービスに影響させず自動切り替え

サーバーを冗長化する手段には様々なものがある。
サービスレベルの冗長化は、サーバー管理者が担当することが多いはずだ。
ネットワーク管理者として考えるべき冗長化は、
負荷分散装置と
NIC(Network Interface Card)の
冗長化を使ったものである。 
  • 複数サーバーに処理を割り振る「負荷分散装置」
  • 複数のNICを使い経路を冗長化

キーワード: LVS ( Linux Virtual Server )

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ