ホーム » Linux » 「Linuxデスクトップが「Wayland」で激変する、かも」を読んで

「Linuxデスクトップが「Wayland」で激変する、かも」を読んで


--- 広告 ---
--- 広告 ---

Linuxデスクトップが「Wayland」で激変する、かもを読んで

ひぇぇぇ (^^;

ディスプレイサーバを X ではなく、 Wayland にするかもかも....。

でも、記事を読み進むと

ご存知のとおり、現在のLinuxデスクトップアプリケーションは、そのほとんどがXクライアントだ。となると、既存のXクライアントは動作しなくなるのかと早合点したくもなるが、そうではない。Waylandプロジェクトが公開している概念図を見ればわかるが、Waylandの描画エンジンと対話するXサーバを用意することで、Xクライアントはそのまま動作するらしい。一方では、Xサーバを経由しない「Waylandクライアント」も実装できるため、XクライアントとWaylandクライアントが併存するデスクトップが出現することになる。

という事なので、Xクライアントは使えるらしぃ。 ほっ

技術進歩と変革が激しいコンピュータの世界。楽しまなきゃやってられない。 (^^)v

--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ