ホーム » Linux » 「Google Chrome 6」最新安定版で10件の脆弱性を修正、Mac版では危険度最高

「Google Chrome 6」最新安定版で10件の脆弱性を修正、Mac版では危険度最高


--- 広告 ---
--- 広告 ---

2010/9/15付けINTERNET Watchの記事から

米Googleは2日、ウェブブラウザー「Google Chrome 6」の最新安定版となるバージョン「6.0.472.59」を公開した。Windows、Mac、Linuxに対応しており、同社サイトより無料でダウンロードできる。

 リリースノートによると、6.0.472.59では10件の脆弱性を修正した。危険度のレーティングは、4段階中で最も高い “Critical”が1件、2番目に高い“High”が6件、いちばん低い“Low”が3件。なお、10件のうち、Linux版だけに影響するものが2 件、Mac版だけに影響するものが1件ある。“Critical”の1件は、Mac版だけに影響する脆弱性だ。

 脆弱性の詳細については、Google Chromeユーザーの大多数がアップデートされるまで公表しない方針となっている。デンマークのSecuniaでは、脆弱性のインパクトが未知数のものもあるとしているが、攻撃者によってシステムへアクセスされるものも含まれるという。
--- 広告 ---
--- 広告 ---

 

この記事に関連する記事一覧

目 次
最近の投稿
--- 広告 ---
--- 広告 ---
お問い合わせ